web3.0・メタバース・NFTで稼ぐには?ビジネスチャンスは?

web3.0・メタバース・NFTで稼ぐには?ビジネスチャンスは?

WEB3.0によって、インターネットのあり方が変わろうとしていますね。

WEB3.0は、既得権益に対する破壊力も期待されており、インターネットにおけるビジネスの形も変わっていこうとしています。

WEB3.0によって起こる変革により、ビジネスチャンスも生まれてきそうですね。

WEB3.0では、どうやってビジネスに繋げられるでしょう?

例えば、WEB3.0を成立させるための基幹技術でもあるブロックチェーン。

ブロックチェーンで作られるのは、仮想通貨のような代替性トークンや、NFTのような非代替性トークンですね。

NFTの売買をする場として、メタバースがビジネスの場として注目されています。

そこで、WEB3.0やメタバース、NFTで稼ぐ方法を、ご紹介します。

 

web3.0・メタバースNFTで稼ぐには?

引用:https://www.photo-ac.com/

WEB3.0やメタバース、NFTで稼ぐには、どんな方法があるでしょう?

以下に、それらを使った稼ぎ方をご紹介していきます。

Play to Earn

NFTゲームで稼ぐ方法があります。

稼ぎ方は、ゲームによって変わりますが、ゲーム成績により得られたNFTや仮想通貨を換金することで、利益が得られます。

ゲーム報酬

ゲームをプレイすることで、報酬を得られるゲームもあります。

ゲーム内でNFTを入手できるものもあれば、ゲーム成績で仮想通貨を入手することが出来るものもあります。

入手できる仮想通貨は、そのゲーム独自のトークンであることが多いので、実用的な仮想通貨や法定通貨に換金する方法を確認しておきましょう。

NFT売買

NFTゲームで使用するNFTは、マーケットプレイスで売買できることが多いです。

マーケットプレイスでは、個人間でNFTを売買するので、安く買って高く売るといった転売も不可能ではありません。

価値の上がりそうなNFTを買っておき、売買益を出しましょう。

また、NFTの入手方法として、前述したゲームプレイで入手することも出来ますし、企業などがPRのためにプレゼントするエアドロップで入手することも出来ます。

>>前澤社長も注目!web3.0とは?簡単にわかりやすく解説!

NFTアート

NFTの入手は、NFTゲームの他にも方法があります。

NFTマーケットプレイスでは、NFTゲームのNFT以外にも、NFTアートなども取り扱っています。

価値の上がりそうなNFTアートを購入して転売することで利益を得ることが出来ますし、自分でNFTアートを作成して売ることも出来ます。

NFTアートを作成する時は、著作権に触れないように、必ず自作の作品を使いましょう。

また、「すぐれた作品」よりも、「売れる作品」「売り込み方」に気を付けた方が、作品が売れる可能祭が高まります。

 

メタバース内で働く

実は、すでにメタバース内での求人というのがあります。

メタバース内でアバターを使って接客をしたりするものもあれば、メタバースのインフラを支えるためのエンジニアの募集も多数あります。

求人サイトで「メタバース」と検索すると、意外と出てくるので、職を探している人は一度、試してみてはいかがでしょう?

 

WEB3.0・メタバース関連銘柄に投資

WEB3.0やメタバースが、これから発展すると見込めるなら、投資対象にするのも手でしょう。

この銘柄は、株式に限らず、仮想通貨にも言えることです。

メタバース関連株式に投資できるETFなども出てきているので、株式の見極めが難しければそれらを購入するん藻手ですね。

WEB3.0やメタバースでは、独自の仮想通貨を利用することがあります。

これから伸びそうなサービスで使われる仮想通貨を購入し、値上がりを期待することも出来ますね。

 

web3.0・メタバースNFTによって発展するビジネスは?

引用:https://www.photo-ac.com/

WEB3.0やメタバース、NFTがビジネスを変えていくと考えられますが、それではどんなビジネスが発展するのでしょう?

小規模ビジネス

WEB3.0は、中央集権的なサーバーによる管理を、分散管理することを目的の一つとしています。

これまでは、大企業がプラットフォームとなるサーバーを管理しており、小規模ビジネスを展開するプレイヤーがふりを被ることが多くありました。

WEB3.0が発展することで、アイデア次第で小規模のビジネスを展開することも可能になる時代が来ると思われます。

小売業

これまで、WEB通販には障壁がありました。

個別で出店しても集客が難しいことと、オンラインモールに出店したときの利用料です。

例えば、楽天のルール変更、搾取といった話題は、度々ニュースにも出てきますよね。

WEB3.0により、大企業のプラットフォームに頼らない仕組みが出来れば、これらの問題が解決するかもしれませんね。

また、メタバース上で出店することで、オンラインショップとは違った買物体験を提供できます。

イベント

メタバース上でイベントを開催して、大成功した例は、数多くありますね。

リアルとは違い、収容人数等に制約がないのが強みです。

リアルではありえないようなショーパフォーマンスが出来たり、感染症対策でも制約にならなかったりと、メタバースとイベントの相性はとても良いと言えます。

観光

メタバース観光も注目されている分野です。

バーチャルで観光地を体験することが出来るメタバース観光は、低予算で時間の制約もなく満足度の高いサービスです。

さらに、バーチャル観光を体験した人の多くは、「次はリアルな旅行に行きたい」と、現実の旅行に対する動機付けにもなります。

まとめ

WEB3.0が注目されると同時に、メタバースやNFTを使ったビジネスに関心が寄せられています。

NFTゲーム、NFT売買、メタバース内での労働、関連銘柄への投資など、新しいプラットフォームでの稼ぎ方も出てきて言います。

また、WEB3.0が発展することで、小規模なビジネスでも、アイデア次第で挑戦しやすくなり、色々な分野でビジネスが発展することが期待されます。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。