VTuberはどのくらい稼げる?どうやって稼ぐ?なぜ人気?

VTuberはどのくらい稼げる?どうやって稼ぐ?なぜ人気?

引用:https://www.photo-ac.com/

最近、VTuberが人気ですよね。
2016年にキズナアイがバーチャルYouTuberを名乗ってから、急速に広まったジャンルですが、
事務所所属のVTuberも、個人で活動している人も併せて、今や1万人以上が活動しているといわれます。

VTuberって結構稼げるような話を聞くけど、実際の所、どれくらい稼げるのでしょう?
また、なぜこんなに人気があるのかについても、見ていきましょう。

 

VTuberはどのくらい稼げる?どうやって稼ぐ?

引用:https://www.ac-illust.com/

人気VTuberともなると、年収1億円以上とも言われますが、やっぱりピンからキリまでいますよね。

VTuberはどのくらい稼げる?

VTuberをやっている人は、基本的にその年収を明かしていません。
まあ、そんなのを公開していたら、ファンが引きかねないですよね。
でも、人気トップのVTuberは、年収が1億円以上あるとも言われています。

とても夢のある話ですが、実際のところ、稼げているVTuberは、一握りだけといわれます。
例えば、YouTubeの広告収入だけで平均年収(仮に400万円とする)を稼ごうとすると、年間に動画が4000万回再生が必要となります。
(仮に、1再生0.1円としていますが、広告収入は0.01円から0.5円まで幅があります)
もっとも、VTuberは、基本的にライブ配信をするので、スーパーチャットやメンバーシップなどからも収入が見込めます。

ホロライブやにじさんじのような事務所に所属していれば、企業案件や、グッズの販売、ライブイベントの出演料なども見込めますね。

でも、VTuberとして活動されている方のほとんどは、それで食っていけるほど、稼げてはいないのが現実のようです。
まぁ、多くは、仕事として活動しているのではなく、趣味だから問題ないというのもあるそうですが。

 

VTuberの収入源は?

VTuberの収入源は、主に6つあるとされます。
・動画の広告収入
・スーパーチャット
・メンバーシップ
・企業案件
・グッズ販売
・ライブイベント

それぞれについて、見ていきましょう。

動画の広告収入

YouTuberの基本的な収入源になります。
とはいえ、チャンネルに広告収入が入るようになるには、一定の条件があります。
条件を満たすまでは、収入がないなんてことにもなりかねません。
YouTubeで広告収入を受け取る条件は、以下の通りです。
・チャンネル登録者数1000人以上
・過去12ヶ月の層再生時間が4000時間以上
・18歳以上
・コンテンツが、広告掲載に適していること
・収益化可能な国や地域に住んでいること
・Googleアドセンスアカウントを持っていること

広告収入は、広告のジャンルや時期によって単価が変わりますが、だいたい1回再生されるごとに0.01円から0.5円入ることになります。

スーパーチャット

スーパーチャット(スパチャ)は、YouTubeでライブ配信をしたときに、視聴者から渡されるお金です。視聴者は、スパチャをすることで、チャットに色を付け、配信者の目を引き、コミュニケーションとりやすくなるという利点があります。
まあ、おひねりみたいなものですね。投げ銭とも呼ばれたりします。

VTuberはライブ配信がメインとなるので、スーパーチャットは大事な収入源となります。
人気のあるVTuberともなると、1回のライブ配信で数十万以上のスーパーチャットを得ているそうです。その額、年間8000万円以上になることもあるのだとか。

メンバーシップ

YouTubeにはメンバーシップという制度があります。
これは、そのチャンネルのファンクラブのようなもので、月額料金を支払うことで、会員限定の特典が受けられるというものです。
会員限定の動画や配信が見れたりすることで、差別化が図られるようです。

動画配信で得られる収入は、その時々で安定しないものですが、メンバーシップ会員を確保できれば、安定した収入となりますね。

企業案件

VTuberとして人気が出てくると、企業から商品紹介などを頼まれることがあります。
商品紹介・広告の動画を作成・投稿することで、企業から報酬を受け取ります。

グッズ販売

ファンが増えたら、グッズ販売をすることもあります。
関連グッズを作ったり、音声や動画を有料公開するなどして、収入の足しに出来ます。

また、事務所所属のVTuberなら、事務所でグッズを用意して、販売してくれることもあるようです。

ライブイベント

VTuberとして人気が出てくると、ライブを開催したりイベントに出演することもあります。
とはいえ、個人でやってる分には、難しいでしょうね。
事務所に所属しているVTuberなら、そういった企画もあるようです。

 

VTuberはなぜ人気?その理由や魅力とは?

引用:https://www.ac-illust.com/

VTuberは、どうしてこれほどまで人気になったのでしょう?
アニメ調の見た目にしただけで、そんなに人気になるものでしょうか?
いえいえ、ちゃんと、人気が出る理由というものが、見えてくるものです。
VTuberに人気が出てくる理由として考えられる点を挙げていきます。

キャラクターコンセプトが明確

アニメキャラのようなヴィジュアルを利用することで、キャラクターコンセプトを明確に打ち出しやすいというのも、VTuberの人気が高まる要因ではないかと思われます。
明確なキャラクターコンセプトを打ち出して、それに合わせた外見も用意できれば、もう見た目からどんなキャラクターなのか、視聴者側からすれば分かりやすいですよね。

キャラクターコンセプトが分かりやすいから、自分の趣味嗜好に合ったVTuberを探しやすいというのも、人気が出てきた要因ではないでしょうか。

距離が近い

VTuberは、アイドルとは、また立ち位置が異なります。
ホロライブのように、アイドルとして活動していることもありますが、それでも、遠い世界にいるアイドルというよりは、身近な人気者という感覚が強いかと思われます。

ライブ配信では、双方向にやり取りできるので、VTuberはと視聴者の距離感はかなり近いものといえます。
より親密になっていけば、それだけファンが離れにくくなり、活動がしやすくなっていきますね。

箱推しの手法も効いている

大手事務所所属のVTuberともなれば、VTuber同士でグループを作ったり、コラボ企画を立てたりして、グループ全体を応援してもらうことで、相乗効果が期待できます。
これは、アイドルグループなどでも「箱推し」と呼ばれる手法で使われている物です。

二次創作で盛り上がる

アニメやマンガなどの界隈では、同人誌やグッズ、コスプレなど、ファンが二次創作をすることで、新しいファンを増やし、人気が盛り上がる傾向があります。
それだからこそ、著作権的にグレーゾーンとされる同人活動が、黙認されてきました。

VTuber界隈でも、大手事務所では、二次創作ガイドラインを公表して、ファンが安心して二次創作を行える環境が整えられています。
とりわけ、VTuberは、アニメキャラのような外見を使っているので、二次創作を行うような、いわゆるオタク層に刺さりやすいコンテンツだといえます。
そういった二次創作に理解を示し、ガイドラインを明確にしているのは、二次創作をする側にとって、ありがたいことですね。
そして、二次創作によって、VTuberも宣伝されるので、互いにうれしい存在になっています。

まとめ

VTuberの収入源は、主に以下の6通りがあります。
・動画の広告収入
・スーパーチャット
・メンバーシップ
・企業案件
・グッズ販売
・ライブイベント

また、VTuberが人気の理由を、以下の4点で簡単にまとめてみました。
・キャラクターコンセプトが明確
・距離感が近い
・箱推しの手法が効いている
・二次創作のガイドラインが明確

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。