ミトコンドリアイヴとは?誤解されやすい?誤解まとめ

ミトコンドリアは、母親から子に受け継がれます。

ミトコンドリアの遺伝を辿っていくと、やがて、一人の女性に集約されることが分かります。

その女性のことを「ミトコンドリア・イヴ」と呼んでいる訳ですが、このネーミングのせいで、ミトコンドリア・イヴに対する誤解が後を絶ちません。

ミトコンドリア・イヴとは何か?

ミトコンドリア・イヴに関する誤解とは?

これらについて、簡単に説明してみようと思います。

ミトコンドリアイヴとは?

 

ミトコンドリアは、母親からしか遺伝されず、また単為生殖であるため、突然変異を除きDNAの配列が変わることがありません。

その点に注目した、カリフォルニア大学バークレー校のレベッカ・キャンとアラン・ウィルソンのグループは、出来るだけ多くの民族を含む147人のミトコンドリアDNAの塩基配列を解析しました。

この解析結果をまとめると、人類の系図は2つの大きな系統に分かれているk10が分かりました。

一つはアフリカ人のみからなる系統。もう一つはアフリカ人の一部と、その他すべての人種からなる系統でした。

このことは、全人類に共通する祖先の内一人がアフリカにいたことを示唆し、アフリカ単一起源説を裏付ける証拠として考えられています。

こうして、論理的に明らかにされた全人類に共通する祖先である女性に対して「ミトコンドリア・イヴ」と名付けられました。

 

ミトコンドリアイヴの誤解まとめ

https://www.photo-ac.com/

ミトコンドリア・イヴは、そのネーミングから変な誤解を招いています。

ミトコンドリア・イヴは、別に特別な女性ではありません。

たまたま女系の子孫が現在まで残ったというだけのことです。

ミトコンドリアの遺伝は、母親からのみ受け継がれるので、女性を生まなければ途絶えます。

そのため、長い年月をかけると、一部の女性から遺伝したミトコンドリアしか残らないということが起こり得ます。

もしかしたら、10万年後の人類には、現代の一人の女性から受け継いだミトコンドリアしか残っていないなんてこともあり得るのです。

ミトコンドリア・イヴの誤解 すべての人類はたった一人の女性から始まった

現生するすべての人類は、ミトコンドリア・イヴから始まったという勘違いをする人が、良くいるようです。

その当時、ミトコンドリア・イヴ以外の女性の子孫は、現代に残っていないということでしょうか?

答えは、否です。

ミトコンドリア・イヴというのは、飽くまでミトコンドリアの遺伝子が、この女性の持っていたミトコンドリアに由来するものだということであり、ミトコンドリア・イヴの遺伝子には関係ありません。

ミトコンドリア・イヴと同世代の女性の遺伝子は、しっかりと現代にも伝わっています。

「イヴ」というネーミングに問題あり

このような勘違いを起こす原因として、ミトコンドリア・「イヴ」というネーミングに問題があると言えます。

ミトコンドリア・イヴは、現代から遡って、ミトコンドリアの由来が一人に絞られるということ。

でも、「イヴ」という言葉で受けるイメージは、「アダムとイヴ」に由来することから、原初の人類といったイメージを受けます。

でも、ミトコンドリア・イヴの前にも人類はいたし、ミトコンドリア・イヴの時代の人類にとってのミトコンドリア・イヴが、そのはるか昔にいたとも考えられます。

「ミトコンドリア・イヴ」というネーミングですが、別に、ミトコンドリア・イヴのみが、現生の人類の先祖という訳ではありません。

 

まとめ

ミトコンドリアのDNAを辿っていくと、一人の女性に集約されることが知られています。

この実在したとされる仮定の女性を、「ミトコンドリア・イヴ」と呼んでいます。

ミトコンドリア・イヴを指して、全ての人類はミトコンドリア・イヴから生まれたと勘違いする人がいますが、それは誤解です。

ミトコンドリアの継承と、人類の遺伝は別物で、ミトコンドリア・イヴと同時代の女性も子孫を残しています。

ただ、長い年月のうちに、女系が途絶えたというだけです。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。