メタバースの違い!MMOやオンライン・デジタルツインとの違いは?

メタバースの違い!MMOやオンライン・デジタルツインとの違いは?

メタバースは、オンライン上でコミュニケーションをとるための、3次元の仮想空間およびそのサービスを指した言葉です。

フェイスブックが社名を「Meta」に変え、メタバース事業に注力し始めたことから話題になり、新しいマーケットの可能性もあることから、注目されている分野です。

ところで、コミュニケーションをとるための3次元仮想空間というと、既に似たようなものはありますよね。

オンラインゲーム・MMOやデジタルツイン、XR、VRチャット…

メタバースと、これらの違いについて、うまく説明できる人って、なかなかいなかったりします。

そこで、メタバースと既存の仮想空間サービスの違いについて説明していきます。

これらの違いについて、理解することで、メタバースについての理解が深まると思います。

それでは、MMOやオンラインゲーム、デジタルツインとメタバースの違いは何なのかについて詳しく迫っていきましょう。

メタバース!オンラインゲームとの違いは?

オンラインゲームの多くは、メタバースの一種と言えます。

MMORPGは、ゲーム空間上で、アバターを操作するため、メタバースとほぼ同じと言えます。ただ、ゲームとしての目的や、敵キャラの出現、NPCが存在するところで違いが出るでしょう。

FPSも3D仮想空間で、アバターを操作するので、似ているのですが、十で撃ち合ったりするので、ゆっくりコミュニケーションをとる場には使えませんね。

今のところ、メタバースとして扱われるのは、サンドボックスというジャンルのゲームが多いです。

サンドボックスは、仮想空間が用意されて、プレイヤーは、アバターを操作して、好きなように過ごしていいというゲーム。

砂場のように、隙に遊べる場所ですということです。

サンドボックスゲームとして有名なものに、マインクラフトと、TheSandBoxがあります。

マインクラフトは、経済活動を認めていないので、メタバースとして使われるのはTheSandBoxです。

メタバースのアプリを指すとき、ゲームと表現されることがありますが、感覚として、メタバースは、3Dゲームの一種という見方が強いようです。

オンラインゲームと、メタバースは、重なる部分が多く、厳密に区別するよりも、柔軟に使い分けるようにしていいようですね。

メタバース!オンラインで仮想通貨を使う理由

メタバースで経済活動を行うというのは、仮想通貨があってこそ成り立ちます。

セカンドライフでは、法定通貨を電子マネーにすることで、経済活動を行えるようにしていました。

でも、電子マネーを採用していたために、電子マネーを管理している機関が電子マネーの流通や、使用可能な場面を制限できる状態でした。

通貨としての、健全性を確保できなかったのです。

そこで、メタバースを管理している機関から独立した仮想通貨で経済をやり取りすることで、通貨の健全性を確保できるわけです。

メタバースのサービスが急に停止した場合でも、仮想通貨なら使えなくなる心配もありませんね。

メタバースとmmoの違いや特徴は?

引用:https://www.gaming-city.com/

仮想空間で、アバターを通じてコミュニケーションをとるとなると、オンラインゲームのMMORPGが思い浮かびますね。

1997年に「ウルティマオンライン」が商業的に成功し、オンラインゲームの代名詞ともいえるゲーム形態です。

RPGとしてゲームを楽しむだけでなく、他プレイヤーとの交流も醍醐味の一つ。

MMOとは

MMOは、Massively Multiplayer Online Role-Playing Gameの略で、数百人から数千人規模のプレイヤーが同時に参加できるオンラインゲームのことです。

ゲーム上に作られた世界で、プレイヤーの分身であるアバターを操作し、ゲームをプレイします。

ゲームの目的は、ある程度決まっていたりしますが、それに囚われずに遊べる自由度の高さもあい、大勢の人が、それぞれの目的を持ってプレイします。

ゲームの世界を冒険するもよし、他の参加者と会話を楽しむもよし、育成要素を突き詰めてみても良しで、メタバースに近い使い方ができます。

ただし、ゲーム内でのみ使える通貨が用意されており、ゲームとしての目的や雰囲気などがある以上、基本的に経済活動には使えません。

メタバースとMMOの違い


MMOは、仮想空間でアバターを操作し、自由に行動できるので、限りなくメタバースに近いと言えます。ゲームプレイに関係なく、コミュニケーションを楽しむこともできます。

ですが、MMOとメタバースの決定的な違いは、ゲームであるかどうかに拠ります。

MMOは、ゲームなので、目的やシナリオがあり、プレイヤーは本人ではなく、その世界観のキャラクターを演じることになります。

そのため、メタバースのように現実に即した活動には、制限がかかります。

基本的に、経済活動の類は、禁止となります。

MMOのゲーム内では、ゲーム内通貨を用い、実際の経済活動とは線を引くこととなります。

MMOでゲーム内通貨を稼いでも、そのゲームの中でしか使えませんし、手に入れたアイテムや、育てたキャラクターも、ゲームのサービスが終了すると同時に亡くなります。

メタバースでは、作ったものはNFT化することができれば本人が所有することができ、仮想通貨を稼ぐことで、実際の経済活動ができます。

<メタバース!注目トピックス!>
結局・・メタバースって・・・どんなメリットがあんの?

今注目のメタバースについて・・・どのようなメリットがあるのかイマイチ掴めていない方もいるかと思います。

こちらでそのメリット・デメリットについて詳しくまとめてみました♪

参考までにチェックしてみてください

>>メタバースにできること!メリットやデメリット問題点を解説!

 

メタバースとデジタルツインの違いや特徴は?

引用:https://sorabatake.jp/

デジタルツインは、可能な限り現実の情報を入手して、仮想空間上でそれを再現する技術です。
仮想空間を構築するという点で、メタバースと共通性がありますが、これらはどう違うのでしょう。

デジタルツインとは

デジタルツインは、「デジタル空間上の双子」という意味です。
現実空間上のモノや環境のデータを収集し、デジタル空間上にコピーして再現するシミュレーション技術を指します。

デジタル空間上に再現されたデータを観察することで、問題解決に結びつけたり、将来的には未来予測シミュレーションを実現させることを目的にしています。

メタバースとデジタルツインの違い

デジタルツインは、仮想空間を構築して行うシミュレーションです。

仮想空間を利用するという点で、メタバースとデジタルツインは共通性がありますが、これらはどう違うのでしょう?

デジタルツインとは

デジタルツインは、デジタル空間の双子という意味になります。

現実世界の物や環境のデータを入力し、仮想空間上にシミュレーションとして再現する技術です。

デジタル空間上に再現されたシミュレーションを観察することで、問題解決や、未来予測することを目的としています。

メタバースとどう違う?

メタバースとデジタルツインは、どちらも仮想空間を利用しますが、利用の仕方が異なります。

メタバースは、仮想空間をコミュニケーションの場として利用しますが、デジタルツインは、仮想空間そのものをシミュレーションに使います。

デジタルツインではコミュニケーションをとる機能はありません。

あくまで、シミュレーションのために仮想空間を使います。

メタバースとxrの違いは?XRとは?

VRやARは、よく聞くけど、XRとなると、何のこと?と疑問符の付く人もいるのではないでしょうか。
VRやXRもメタバースとよく似た概念ですよね。

XRとは

XRは、VR・AR・MR等を総称した言葉です。
VR(仮想現実)は、その場にない架空の空間を認識させる技術です。
AR(拡張現実)は、現実世界に情報を重ね合わせる技術です。
MR(複合現実)は、現実と仮想の空間が融合し、交互に影響を与える技術です。
VRとARの区別がつかない状態が出てきて、MRという言葉が出てきましたが、現在はさらにどれともつかない技術が出てきたため、これらを総称してXRと呼ぶことになりました。

メタバースとXRの違い

メタバースとXRの違い

XRは、VRやARと関連する概念です。
じゃあ、何リアリティなの?と言われそうですね。
XRと、VR,AR…それからMRについて解説していきます。

XRとは

XRは、VRやAR,MRの総称です。
技術が発展するにつれて、VRともARともつかないような技術が出てきて、どう区分していいのか分からなくなる場面が出てきました。そこで、仮想現実に絡められるものは、XRで統一してしまおうということになりました。
XRの「X」は、変数としてのX。Vでも、Aでも、Mでも、さらに他の物でも当て嵌めていいということです。

仮想現実の区分

因みに、VR、AR、MRの意味は、以下の通りです。

VR(仮想現実):その場にない架空の空間を認識させる技術。
AR(各超現実):現実世界に情報を重ね合わせる技術。
MR(複合現実):現実と仮想の空間が融合し、交互に影響を与える技術。

XRはメタバースの一要素

XRとメタバースの違いを考えるより、XRはメタバースを実現するための技術の一つと考えた方が分かりやすいでしょう。
メタバースは、VR(仮想現実)でコミュニケーションをとる技術なので、その世界(見た目だけかもしれないけど)を形作るために、XRの一種であるVRが使われます。

また、メタバースが、この先、様々な発展を遂げるうちに、VRではおさまらない世界観を作り出すかもしれません。
その時に、VR以外のXRの技術が生きてくるのではないでしょうか。

メタバースとvrchat との違いは?

引用:https://japan.cnet.com/

仮想現実空間でコミュニケーションをとるサービスに、VRCHATがありますよね。
検索すると、「バーチャル無法地帯」とか、「世界で最もカオスなVR空間」といった言葉が出てきます。

VRCHATとは


VRCHATは、VRCHAT.Incが提供しているVRサービスです。
VRヘッドセットを使い、離れた所にいる人が、まるで目の前にいるかのようにコミュニケーションを取れます。
特に、コロナ禍では、イベント会場として利用したりして、大いに盛り上がっているVRサービスです。

メタバースとVRCHATの違い

メタバースのサービスとして、VRCHATがあります。
VRCHATについて調べると、「バーチャル無法地帯」「世界で最もカオスなVR空間」といった、何やら不穏な言葉が出てきます。

VRCHATとは

VRCHATは、VRサービスの一つです。
VRCHAT.Incが提供しています。
VRヘッドセットを使い、離れたところにいる人と、アバターを介してコミュニケーションをとれます。
unityとVRCHATが用意するSDKを使って、自分のアバターとワールドをゲームにアップロードすることができるため、独自の世界観、独自の文化、悪ふざけで形成されたカオスな世界が形成されています。

VRCHATは、メタバースの1つ

VRCHATは、メタバースを提供するサービスの1つです。
VRCHATの世界では、ユーザーが作ったアバターやワールドが取引されることもあり、仮想通貨を通じた経済活動が行われています。
メタバースのサービスとしては、他にも元FACEBOOKが運営する「Horizon Workrooms」や、NFTゲームの「TheSandBox」などがあります。

メタバースとサンドボックスの違いは?

メタバースと似たような概念で、サンドボックスゲームというのもあります。

サンドボックスゲームとは

サンドボックスは、砂場を意味します。
砂場で遊ぶように、特に目的もなく、自由に何かを作ったりしながら遊べるゲームです。
有名どころでは、マインクラフトや、NFTゲームのTheSandBoxがあります。
ゲーム空間内で、自由に物を作ったり、新しいゲームを作って遊んだりできます。

メタバースとサンドボックスゲームの違い

ゲームのジャンルで、サンドボックスというジャンルがあります。
このサンドボックスは、メタバースととても相性のいいゲームで、メタバースのサービスの一つといっても過言ではありません。

サンドボックスとは

SANDBOXは、日本語に訳すと「砂場」になります。
特に目的を課されるわけでもなく、砂場という好きに何かを作ったり、工夫して遊べる場を提供するというものです。
サンドボックスの有名どころとしては、マインクラフトや、TheSandBoxがあります。
どちらもゲーム空間内で、自由にものを作ったり、新しいゲームを作って遊んだりできます。
マインクラフトでは、商業活動は制限されていますが、TheSandBoxでは、ゲーム内の土地(LAND)やアイテムを売買したり、土地やゲームの入場料を取ったりと、自由に経済活動ができるようになっています。

メタバースとサンドボックスの違い

サンドボックスは、メタバースを提供するサービスの一つとして扱えます。
仮想空間上でコミュニケーションをとり、自由に遊べる場です。
強いて違いを上げれば、サンドボックスは、ゲームとして遊ぶ場を提供するところから始まっています。
自由に振舞える箱庭的な遊び場が、メタバースと合致したということですね。

まとめ

メタバースが話題になることが多くなってきましたが、一度、用語の確認をしてみましょう。

メタバースは、オンライン上でコミュニケーションをとるための仮想現実空間およびサービスです。

MMORPGは、一つの世界に複数のプレイヤーが参加して遊ぶゲームです。メタバースと同じ使い方も出来ますが、ゲームとして遊ぶ機能が沢山あります。

デジタルツインは、仮想現実空間上に現実世界を再現するシミュレーションの手法です。リアルな模型を作りシミュレーションするものであり、コミュニケーションのためのものではありません。

XRは、VRやAR、MRなどの特殊な現実認識を総称するための用語です。
メタバースはこのうちのVRを使います。

VRCHATは、メタバースを提供するサービスの一つです。

サンドボックスは、メタバースとほとんど同じようなサービスを提供するゲームジャンルです。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。