ブルーロックはパクり?なぜ?パクりと噂の漫画や内容は?

炎上商法で注目を集め、現実離れした内容で人気を博しているサッカーマンガ「ブルーロック」。
現実のサッカー選手の実名を出して、それを侮辱するという問題ある表現もあり、アンチも多い作品とされます。
この「ブルーロック」ですが、パクリ疑惑があり、問題が加熱しているようです。
では、「ブルーロック」がパクっているとされる作品とは?
どこがパクリとされているのか?
何故、パクリ疑惑が出てくるのか?
といったことについて、まとめてみます。

 

広告

ブルーロックがパクりといわれるのはなぜ?パクりと噂の漫画や内容は?

 

「ブルーロック」のパクリ疑惑について、まとめていきます。

「ブルーロック」のパクリ元? 「アオアシ」はどんなマンガ?

「ブルーロック」は、「アオアシ」のパクリだと言われています。
「アオアシ」は、Jリーグの男子高校生年代Jユースを取り扱ったサッカーマンガ。
町名門サッカーチームに入団した主人公が、最初はレベルが低くてチームメイトからつまはじきにされることもあるものの、足りない技術を一つずつ身に付けていき、成長していく話。

「ブルーロック」と「アオアシ」の似ている所は?

破天荒で現実離れした「ブルーロック」に対して、「アオアシ」はリアリティ重視の作品となっています。
かなり対極的な2作品ですが、共通点もあると言えばあります。

・主人公のポジションがFW(大概のサッカーマンガの主人公はFWです)
・主人公が周りのメンバーよりもレベルが低く、その成長を描いている(成長物語にするなら、普通はこうなる)
・主人公の能力がどちらも、「空間認識能力」(ここがパクリ?)

どこをパクった?

「ブルーロック」が「アオアシ」のパクリだと言われている所以としては、主人公の特殊能力にあるようです。
「ブルーロック」の主人公、潔世一は、高い適応能力を持ち、多くの試練を乗り越えるうちに高度な空間認識能力を持つに至ります。
一方で、「アオアシ」の主人公青井葦人は、超人的な俯瞰の能力を発揮します。

どちらも、高度な空間認識能力を発揮するわけなんですが・・・この能力って、そんなに珍しいですか?

空間認識能力が高くて、ゲームを空から俯瞰するように見ているというのは、現実のアスリートでも語られる話です。
そのため、スポーツマンガや格闘マンガでは、度々、使われるネタだと思うんですが。
今更、それが被ったくらいで、パクリ疑惑を持ち出すのは、どういったものでしょう?

パクリ疑惑の根源

ここからは、私見になります。
「ブルーロック」は、恐らくパクリが問題なのではありません。
炎上商法に始まり、エキセントリックな内容で注目を集めた作品です。
当然、それをよく思わない人たちも大勢いるし、ファンの中にも、「ブルーロック」は”そういう作品”として評価している人がたくさんいるはずです。
パクリ疑惑というスキャンダルは、それらの人たちには美味しいネタと言えましょう。
「ブルーロック」は、パクリをしている、怪しからん…と、憤りを見せるアンチもいれば、
「ブルーロック」は、パクリをしている、さすが話題性に事欠かない、俺たちを楽しませてくれる作品だぜ…なんて喜ぶファンもいるでしょう。

スポーツマンガにありがちな能力が被ったくらいで、パクリというのもおかしな感じがするのですが、「ブルーロック」の持つ、品格と言えばいいのか、位置づけと言えばいいのか、そんなものがパクリ疑惑をまことしやかにしているのではないでしょうか。

広告

まとめ

「ブルーロック」は「アオアシ」のパクリだと言われています。
サッカーマンガとして、対極に位置するような両作品ですが、主人公の俯瞰能力、空間認識能力が被ったようです。
ただ、これ自体は、現実のアスリートでもよく語られるものであり、マンガのネタとしてもありふれたものです。
でも、「ブルーロック」は炎上商法から始まり、エキセントリックな内容で注目を集めた作品。
読者がスキャンダラスなネタを求めているようになっているのかもしれませんね。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です