ブルーロックが気持ち悪いはなぜ?炎上の理由や炎上商法?を調査!

「ブルーロック」は、週刊少年マガジンで連載中のサッカーマンガ。
2022年10月時点で累計発行部数1300万部突破の人気作です。
でも、その一方で、ブルーロックは「気持ち悪い」「ひどい」という評価を受け、度々、炎上していたりもします。
では、何故、「ブルーロック」が炎上するのか、その理由を見てみましょう。

★「ブルーロック」のパクリ疑惑を検証!

>>ブルーロックはパクり?なぜ?パクりと噂の漫画や内容は?

 

広告

ブルーロックが気持ち悪い?ひどいと炎上する理由はなぜ?

 

「ブルーロック」は、高校生を中心とするサッカーマンガですが、その内容から批判も多く、「史上最もイカれたサッカーマンガ」とも呼ばれています。
そのような評価を受けるに至った理由として、以下の点が挙げられます。

絆やチームワークを軽視

「ブルーロック」は、日本各地から選ばれたFW選手300名から、世界一のストライカーを作り上げるという計画を舞台としています。
登場する選手は全てFW。
そして、その計画の全権を持つコーチは、「一番強いストライカーは一番のエゴイストだ」という持論を持っています。
そのため、彼の育成方針は、日本各地から集められたFW選手を競い合わせ、蹴落としあうように仕向けること。
絆やチームワークで勝利を勝ち取るスポーツマンガの王道からは、大きく外れたものとなっています。
そういう、奇をてらった所が受け入れ難いということで、気持ち悪いという感想が出ているようです。

実在の選手をこき下ろす

「ブルーロック」は連載当初に炎上していました。
その原因になったのが、以下のセリフです。

「本田?香川?そいつらってW杯優勝してなくない?じゃあカスでしょ。世界一になる話してんだけど?俺」

金城宗幸(原作).ノ村優介(作画)「ブルーロック」1巻より

実在する選手の名前を取り上げて、カス呼ばわりというのも、印象悪いですよね。
名誉棄損で訴えられても仕方がない話です。
これには、大勢の怒りを買ったようですが、炎上することで、注目を集めることに成功したようでもあります。

デスゲーム?前作じゃあるまいし

「ブルーロック」は、300名のFW選手が生き残りをかけて試合をするといった、デスゲーム要素を持つ朔風となっています。
いや、スポーツでデスゲームなんて言われても…と言いたいところですが、「ブルーロック」の原作担当金城宗幸の前作を彷彿させるものがあるんです。
金城宗幸の前作は、「神様の言う通り」。
実写映画化もしている、デスゲームモノの作品です。
初っ端から、人の頭が爆発するシーンを連発して、結構エグイものでした。
「神様の言う通り」を読んでいる人の中には、デスゲーム要素を通じて、そのエグさを思い浮かべる人もいるようです。

あと、これは、個人的なことなんですが、「ブルーロック」のキャラクターって、やたらと目を見開いていて、いかにもイカレテマスって雰囲気出していて、気持ち悪いんですよね。
私個人の感想で、周りからそんなことを聞いたことがないんですけどね。

 

広告

ブルーロックは炎上商法?

 

「ブルーロック」は、「史上最もイカれたサッカーマンガ」との呼び声も高い作品ですが、ただ奇をてらっただけなら、注目される前に見放されていたかもしれません。
そのくらいのインパクトなら、世の中にあふれてますから。
でも、「ブルーロック」が注目されたのは、連載当初の炎上ありきだといえましょう。

「本田?香川?そいつらってW杯優勝してなくない?じゃあカスでしょ。世界一になる話してんだけど?俺」

金城宗幸(原作).ノ村優介(作画)「ブルーロック」1巻より

連載当初での、この本田選手・香川選手という実名の選手をカス呼ばわりするシーンで、大きな注目を集めたことで、アニメ化にまで発展する人気を得たと言えます。

ところで、アニメ版では、このシーン、「日本代表?そいつらってワールドカップ優勝してなくない?」に切り替えられています。
さすがに地上波で実名の選手を侮辱する表現は避けたようですが、一部のファンからは残念がられているようですね。
アニメ化にこぎつけたから炎上商法は必要なくなったのかと、煽る声もあるようです。

広告

まとめ

10月からアニメ化も始まった「ブルーロック」。
気持ち悪い・ひどいといった感想も見られるのですが、
その理由として、絆やチームワークを蔑ろにする傾向や、実名の選手を侮辱する表現、デスゲーム的な要素が前作「神様の言う通り」を彷彿させるといったものが挙げられます。

とりわけ、実名の選手を侮辱する表現が問題となり、それをもって注目されたことから、炎上商法だという声も少なくありません。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です