ビルゲイツがサル痘を予言?陰謀論か?最悪なシナリオとは?

ビルゲイツがサル痘を予言?陰謀論か?最悪なシナリオとは?

コロナ禍が、まだ治まりきっていいないにもかかわらず、次のパンデミックが話題になっていることはご存じでしょうか?

実は、欧米でサル痘の感染が増加していて、問題になっています。

このサル痘、1年も前から、サル痘シナリオという感染のシミュレートがされていて、パンデミックが予想されているのです。

そのシミュレートには、ビルゲイツが関与しており、陰謀論が囁かれていたりするようです。

では、サル痘とは何か?

  • パンデミックを予想するサル痘シナリオとは?
  • ビルゲイツが予言?陰謀論が囁かれている理由は?

等といったことについて、ご説明していきます。

サル痘をビルゲイツが予言は?陰謀論の噂の真相は?

 

今回、サル痘ウィルスに関してはWHOも警報しており、コロナに続いてパンデミックの予感を感じさせるサル痘ウィルスですが・・・

実はこのサル痘ウィルスも、あの「ビルゲイツが予言していたのでは?』といった噂が今ネットでは話題になっています。

一体?真相はどのようになっているのでしょうか?

ビルゲイツ氏がこのサル痘ウィルスを予言していたと言われる一番の有力な要因と言うかきっかけが・・・

『次のパンデミックをどう防ぐか』といった著書を執筆していることです。

 

この著書は、奇しくもサル痘ウィルスが世界中で取り上げられるタイミングと同時に出版となったことに関して、ネットなどでは陰謀論的なことが囁かれているわけです。

ですが、これだけでは・・・たまたまタイミングが重なっただけという見解も否めないのですが、

この他にも、ビルゲイツ氏は、2021年の対談で「バイオテロリストが天然痘をまく可能性」について言及しています。

当時はコロナウィルスが猛威を振るっていたので、他のウィルスでのパンデミックなど想像もできませんでしたが・・・

ここにきてこの対談でのビルゲイツの指摘が現実味を帯びてきたのでは?!とネットでは囁かれてきているようです。

また 、さらには2022年の2月に行われたミュンヘン安全保障会議での演説でビルゲイツ氏は、コロナウィルスとは別な系統の病原体を起源とするパンデミックがおこる可能性があると明言しています。

「新型コロナウイルスのリスクは減ったが、また次のパンデミックが発生する。新たなパンデミックは、コロナの系統とは異なる病原体を起源とするだろう」

これらのビルゲイツ氏の言動から、今回のサル痘ウィルスに関して、ビルゲイツ氏がそのパンデミックを予言しているとウワサされる要因と言えると思います。

サル痘ウィルス陰謀論の真相は?

 

また、このサル痘ウィルスは陰謀論の噂があります。

核脅威イニシアティブ(NTI)がすでに、サル痘のバイオテロが起きたっことを想定したシミュレーションを行っていたそうです。

このシミュレーションの時期が今のサル痘が出現してきたタイミングに合いすぎていて、陰謀論説が一気に過熱してきたと言えます。

核脅威イニシアティブ(NTI)とは?

  • 「大量破壊兵器や生物兵器、サイバーセキュリティテロなどの防止に取り組む組織』で多くの投資家などが慈善事業で出資している。ビルゲイツも出資者のひとり。

シミュレーションを行った核脅威イニシアチブ(NTI)とミュンヘン安全保障会議は、ビル&メリンダゲイツ財団から、合計470万ドルの資金提供を受けていたそうです。

そのため、世の陰謀論好きは、ビルゲイツがバイオテロを行うためにシミュレーションを行ったというような、陰謀論を展開しているそうです。

しかし、サル痘とビルゲイツの関与を噂する声は多いようですね。

ビル&メリンダゲイツ財団は、世界最大の慈善基金団体です。世界における病気・貧困への挑戦を主な目的としています。

パンデミックに対する調査への資金提供は、財団の目的に合致するので、特に変な詮索をするようなことでもないように思えるのですが・・・。

 

サル痘の最悪なシナリオとは?シミュレーションを解析!

 

今回のサル痘感染について、2021年11月に、核脅威イニシアチブとミュンヘン安全保障会議が、共同で行ったシミュレーションを発表しています。

このシミュレーションでは、ブリニアという架空の国で最初のサル等が確認されたことになっています。

2022年5月7日に、イギリスでサル痘の感染者が確認されて以来、世界各地に感染が広がっており、新型コロナパンデミックがイベント21でプレゼンされたシミュレーション通りに起きたように、サル痘についてもシミュレーション通りの報告がされております。

サル痘!最悪のシナリオは?

サル痘シミュレーションは、次のような流れでシミュレーションされています。

ATTACK

2022年5月15日に、バイオハザードマークが表示されています。

MOVE1

2022年6月5日、ある国でサル等が発生する。

1421年の感染、4人の死亡が確認されるが、国際的な警告・注意報は無し。

MOVE2

2023年1月10日、83か国で7000万人の感染、130万人の死亡が確認される

ワクチン体制のあるサル痘が開発され、有効な治療法やワクチンがないため、人と人との接触を減らすことで対応するしかない。

MOVE3

2023年5月10日、4億8000万人の感染、2700万人の死亡が確認される。

バイオテロ攻撃だと判明する。

ROUNDTABLE

2023年12月1日、32億人の感染、2億7100万人の死亡が確認される

 

サル痘とは?致死率が高い?どこで発生?

引用:https://jp.reuters.com/

まず、サル痘について説明していきます。

サル痘とは?

サル痘は、サル痘ウィルスによる感染症です。

実験動物として採集されたサルの一部が感染していたことで発見されたため、「サル痘」と呼ばれていますが、本来はアフリカのリスやネズミといったげっ歯類が保有していたウィルスだと分かっています。

症状は?

サル痘に感染すると、5~21日間(平均12日間)の潜伏期間を経て、、発熱、強い頭痛、リンパ節の腫れ、筋肉痛、強い倦怠感といった症状で、発症します。

発祥すると、水疱(水膨れ)が顔に現れ、全身に広がります。水疱は、10日ほどでかさぶたとなり、かさぶたが消えるまでは3週間ほどかかります。

これらの症状は、かつて世界中で猛威を振るった天然痘と同じ症状であり、症状だけでサル痘と天然痘を区別することはできません。

ただし、天然痘の致死率が20~50パーセントであったのに対し、サル痘の致死率は数パーセント~10%程度と報告されています。

天然痘の致死率と思えば少なく見えますが、決して低い致死率とは言えません。

発生地域は?

サル痘の人への感染事例は、1970年のザイール(コンゴ民主共和国)が最初となります。

その後、アフリカで人への感染事例が散見されます。

2003年に、アフリカからアメリカに輸入されたペットのげっ歯類がサル痘に感染しており、プレーリードッグを経由して人への感染が見られました。

感染経路は?

ウィルスを保有しているげっ歯類や、感染したサルなどの動物の、血液や体液に触れることで、人にも感染します。また、それらの動物の肉を、加熱不十分で食べた時にも感染する恐れがあります。(十分に火が通っていれば、ウィルスを取り除けます)

感染者から、濃厚接触者に、咳や淡、水疱などへの接触から、感染することがあります。

ただし、今の所、人から人へ連続して感染するという事例は報告されていません

治療法は?

サル痘に対する、有効な治療法はありません。

天然痘と同じく、症状に応じた対症療法を行い、体が免疫を持ち、症状が治まるまで耐えるしかありません。

予防法は?

サル痘に特化したワクチンがありませんが、天然痘ワクチンに一定の予防効果があることが分かっています。

【世界の予言・都市伝説!注目トピック♪】

  1. アインシュタインの予言とは?日本が世界政府の盟主?
  2. ノストラダムスの予言内容!2022年!闇の3日間に人類滅亡?
  3. 漫画【AKIRA】が予言していたものとは?!戦争やコロナを予言はされていた?
  4. イーロンマスクの予言!日本はいずれ消滅するは本当?その根拠は?
  5. 未来人ジョンタイター予言内容まとめ!第三次世界大戦は的中か?

 

まとめ

サル痘の感染が広がっており、パンデミックが心配されております。

サル痘は、天然痘の致死率を下げたような病気で、有効な治療法はなく、致死率は数パーセントから10%ほどとなります。

天然痘のワクチンで、一定の予防効果があるとされていますが、サル痘に特化したワクチンはありません。

サル痘の感染の発生を半年も前から予言していたサル痘シナリオが話題となっており、今の所シナリオ通りにサル痘の感染が広がっています。

サル痘シナリオには、ビルゲイツの資金提供があり、陰謀論が飛び交っております。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。